Study Talk vol.1:「学問×メディア」で沈黙を破る!?

Study Talkとは

学問を題材に、沈黙されていることがらを語り起こしていく教養系のラジオ。「Share Study」を立ち上げたとしちるがパーソナリティとなり、毎月ゲストを迎えて二つのキーワードをもとに語り、学び合います。

教養系ラジオ Study Talk―「沈黙」されがちな社会的・学術的話題を語りによって開くラジオ

2018.10.28

vol.1:学問の「社会的意義」や「面白さ」について語らう

  • キーワード
    • 学問
    • メディア
    • つなげる系
    • 沈黙
    • 愛智

内容

vol.0として始めたStudy Talkは「vol.1」からに変更しました。
  • Study Talkは仮の名前:vol.0ということでお試し的に開始
  • 基本的には「学問は面白い!」
  • 勉強は人からやらされるもんじゃないのでは?
  • ミスチルが大好きなとしちるとインターネットが大好きな木村すらいむ
  • 二人が出会った経緯:編集大学生
  • Share Study:学問の入り口となるようなメディアづくり
  • 文脈をつなぐ:インターネット文化を分かりやすく紹介
  • アカデミックなことをブログで書いている人はほとんどいない
  • Study Talkラジオって?
  • 音声メディアは感情とか考えていることを伝えやすい:沈黙を破りやすい
  • 文字で書くとまじめになりがちで、怖そうに見られてしまう
  • 共通点:つなげる系(人が持つ背景といった文脈を見る)
  • 引きこもって検索して知識を手に入れたい
  • 工学系は研究として成果が比較的分かりやすいけど、人文学系や基礎研究系は意義を理解してもらいずらい
  • 学問の意義を伝えるときに、産業的な側面から語ってしまいがちだけど…問いを立てて論証する、という基礎から考えていけるのが数学の魅力
  • 「問いを学ぶ=学問」:自分が納得でき、他者にも開かれているもの
  • 学問の面白さは問うことの面白さではないか
  • 問うと悩むこともあるけど、先人や知人と共有して問いを深めることができる
  • 「Doctor of Philosophy:PhD」というように、元をたどると哲学(智を愛する:愛智)
  • 愛智を一つの指針として語っていきたい
  • 自分だけで考えるのではなく、人と一緒に考えるのって大事
  • 学問を通して「人間とは何か」を問うている?
  • ラジオへのコメントお待ちしてまーす!


スポンサードリンク


Study Talk LIVE まちづくりのエスノグラフィ出版記念イベント

早川公(2018)『まちづくりのエスノグラフィ 《つくば》を織り合わせる人類学的実践』の出版記念として実施するトークイベント!

「まちづくり」をひとつの文化現象として捉え、人々がどのようにまちづくり活動に携わっているかを筑波山麓のフィールドワークから書き記されたのが「まちづくりのエスノグラフィ」。

著者の研究と実践を引き合いに、《つくば》のこれまでとこれからについて、さらには「人文社会科学」のこれからについて、つくば市長をお招きし、対談を行います。

❏ 基本情報
日時:2019年2月5日
場所:up Tsukuba(〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1丁目10−1 105;つくば駅から徒歩2分、つくばセンタービルに立地)

❏ タイムスケジュール
18:30 受付開始
19:00 開会
19:05 Share StudyとStudy Talkについて
19:10 アイスブレイク
19:20 第1部 《つくば》のまちづくりの「これまで」
19:45 第2部 《つくば》のまちづくりの「これから」
トーク:五十嵐立青(つくば市長)×早川公(30分)
フロアトーク(15分)
20:30 第3部 交流会
21:30 閉会

❏ 参加費
イベント参加費:1,000円
※ 書籍『まちづくりのエスノグラフィ』を購入して持参した方、または当日書籍を購入された方は無料。

❐ 関連記事

  1. ぼくとつくば―地域開発(まちづくり)が展開される中での「筑波」と「つくば」
  2. ぼくとつくば②ー地域開発の中で混じり合う《つくば》
  3. ぼくとつくば③―「逆に新しい(=再帰的)」まち・北条
  4. まちづくりと人類学―文化現象・社会的行為としてのまちづくり
  5. 人類学的実践(1月末日:公開予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer