TAG 地域

Open Share Study

「主体性」ってなんだろう? 文化人類学と地域志向教育と中動態

ADVENT CALENDAR 2019、21日目の投稿。文化人類学を専門とし、「まちづくり」のフォールドワークを研究として行なってきた筆者が地域志向教育を実践する際に抱いた「主体性を発現する」ということに対する違和感。『中動態の哲学 意志と責任の考古学』を引き合いに、能動でも受動でもないあり方である「中動態」からその違和感をことばにする。

Open Share Study

「さとのば大学」という試み

ADVENT CALENDAR 2019、7日目の投稿。岡山県西粟倉村でプログラムを立ち上げる地域コーディネーターとして活動し、その他計四自治体で取り組む「さとのば大学」についての振り返りが綴られる。「共通した答えを求めるのではなく、各々が問いを考え、学び合えるコミュニティが育つ」ような「学習するコミュニティ」を掲げた取り組みの今後の展望とは?

Open Share Study

バズらない「わたし」が見つけた、「あなた」に気づいた話。

ADVENT CALENDAR 2019、2日目の投稿。文化人類学の学びを大学で得た経験から、「I」を大事にしながらコワーキングスペースのおかみ(コミュニティマネージャー)として地域で活動する江本が悩んでいた「バズらない」ということ。そんな悶々とした悩みが、ふとしたきっかけで「You」と「We」の違いに気づき、思いを新たにした話。

Open Share Study

地域の課題解決から離れて―SUIJIプログラム「言語化」と「検証」まとめ

「地域志向教育実習プログラムSUIJI-SLP」に参加した学生視点による「言語化」と「検証」に向けた全6記事における最終となる6記事目。これまでの学生3名、教員1名のインタビュー記事を踏まえて、「課題解決に捉われすぎる事をやめよう」という自身のSUIJI-SLPへの考えについてまとめます。

Open Share Study

自分のテーマを見つける事の楽しさを伝えたい―高知大学増田和也先生へのインタビュー

「地域志向教育実習プログラムSUIJI-SLP」に参加した学生視点による「言語化」と「検証」に向けた全6記事における5記事目。SUIJI-SLP高知サイト担当教員の増田和也さんに研究分野である環境人類学と研究テーマに、SUIJI-SLPでの取組や実感についてお話しを伺います。

Open Share Study

SUIJI=第2の故郷が生まれる授業―高知大学岡本春佳さんへのインタビュー

「地域志向教育実習プログラムSUIJI-SLP」に参加した学生視点による「言語化」と「検証」に向けた全6記事における4記事目。卒業後に実習地である、安田町で就農される岡本さんにインタビューをします。その出会いのきっかけとなった一回生時におけるSUIJI-SLPについてお聞きします。