人文学/人文科学

Open Share Study

「良い翻訳」を定義するにはー機械翻訳と翻訳学の接点

ニューラル機械翻訳がその流暢性が向上している昨今、「良い翻訳とは何か」について考える必要があります。そのヒントが翻訳学には隠されています。例えば、「スコポス理論」は翻訳の目的に則した訳文が良い翻訳であると定義しています。このような知見は機械翻訳の適切な使用、そしてシステム開発に役立つかもしれません。

Open Share Study

地域の課題解決から離れて―SUIJIプログラム「言語化」と「検証」まとめ

「地域志向教育実習プログラムSUIJI-SLP」に参加した学生視点による「言語化」と「検証」に向けた全6記事における最終となる6記事目。これまでの学生3名、教員1名のインタビュー記事を踏まえて、「課題解決に捉われすぎる事をやめよう」という自身のSUIJI-SLPへの考えについてまとめます。

Open Share Study

自分のテーマを見つける事の楽しさを伝えたい―高知大学増田和也先生へのインタビュー

「地域志向教育実習プログラムSUIJI-SLP」に参加した学生視点による「言語化」と「検証」に向けた全6記事における5記事目。SUIJI-SLP高知サイト担当教員の増田和也さんに研究分野である環境人類学と研究テーマに、SUIJI-SLPでの取組や実感についてお話しを伺います。

Open Share Study

日本の田舎から海外の田舎へ―高知大学佐々木周さんへのインタビュー

「地域志向教育実習プログラムSUIJI-SLP」に参加した学生視点による「言語化」と「検証」に向けた全6記事における2記事目。インドネシアに留学されている佐々木周さんに、一, 二回生のSUIJI-SLPの体験が、その後の学生生活にどのような影響を与えたかについてインタビューします。