基礎研究

Open Share Study

「良い翻訳」を定義するにはー機械翻訳と翻訳学の接点

ニューラル機械翻訳がその流暢性が向上している昨今、「良い翻訳とは何か」について考える必要があります。そのヒントが翻訳学には隠されています。例えば、「スコポス理論」は翻訳の目的に則した訳文が良い翻訳であると定義しています。このような知見は機械翻訳の適切な使用、そしてシステム開発に役立つかもしれません。

アカデミックインタビュー

「若い」からこそできるサイエンスコミュニケーション―九州大学次世代型大学教育開発センター特任助教小林良彦さんへのインタビュー

第10回アカデミックインタビューの九州大学次世代型大学教育開発センター特任助教は、原子核構造論にて理論的な研究を行いつつサイエンスコミュニケーションにも積極的に従事している。小林さんが研究に取り組んだ経緯、活動の背景に迫る。

アカデミックインタビュー

科学と文化の両面から現実とはなにかを問う―東京大学大学院理学研究科博士課程宮本道人さんへのインタビュー

神経科学の研究を東京大学大学院の博士課程に所属しながらも、科学文化批評家としての顔を持つ宮本道人さんへのインタビュー。一見バラバラに見える活動が一点に集中する「現実とは何か?」という問とこれからのビジョンに迫ります。