ゆーみるしー:飛跡検出器/ヒッグス物理(素粒子物理学)

  • 所属:総合研究大学院大学
  • 専攻:素粒子物理学(実験)
  • 専門:測定器開発・物理シミュレーション
  • サイト:Yumi Aoki@SOKENDAI

総合研究大学院大学素粒子物理学専攻。研究学園都市で素粒子の研究をしつつ広報に首を突っ込んでいる大学院生(D1)。難しい素粒子物理を楽しく面白おかしく伝えたい。写真とマラソンが趣味。お酒と猫が好き。

※ ご質問等あればTwitterでお声かけください。

問題意識/リサーチクエスチョン

  • この世界の物理法則を表すただ一つの公式は何か?
      そのための最先端の加速器、国際リニアコライダーの研究開発
  • 基礎科学を楽しくわかりやすく伝えるには?
      アウトリーチ活動、サイエンスカフェ
  • 研究の仕組みをもっと良くするには?

研究キーワード

  • 国際リニアコライダー
  • 加速器
  • 素粒子
  • 宇宙
  • サイエンスコミュニケーション

 所属学会

  • 物理学会

学歴/職歴

  • (現)総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科素粒子原子核専攻5年一貫制博士課程
  • 上智大学理工学部物質生命理工学科卒業(理工学士)

業績一覧

 学位論文

  • (卒業論文)アクリジニウムエステル化学発光メカニズム(2016年)
  • (認定研究論文)ILCTPCのための高開口度GEM型ゲート装置のビームテストによる性能評価(2018年)

学会発表

  • ポスター発表
    • KEKステューデントデイ『The spatial resolution of a GEM-based readout module for the ILC-TPC with a gating foil 』(2018年)(最優秀賞)
  • 口頭発表
    • LCWS2016『The First Beam Test of a GEM-readout TPC module with a Large Aperture GEM-like Gate Device for ILC』(2016年)
    • 日本物理学会 第72回年次大会『ILC-TPC用高開口度GEM型ゲート装置を搭載したGEM読み出しTPCモジュールのビーム試験』(2017年)
    • MPGD2017『The first beam test of a GEM-readout TPC module with a large aperture GEM-like gating device』(2017年)
    • AWLC2017『The spatial resolution and electron transmission rate measured in the first beam test of a GEM-based readout module for the ILD-TPC equipped with a large aperture GEM-like gating foil』(2017年)
    • 日本物理学会 2017年秋季大会『ILC-TPC用高開口度GEM型ゲート装置を搭載したTPC読み出しモジュールのビーム試験における位置分解能及び電子透過率 』(2017年)
    • LCWS2017『Study of HγZ coupling using e+e- -> γ H at the ILC』(2017年)
    • 日本物理学会 第73回年次大会『ILCにおけるe+e- -> γ Hを使ったHγZ結合の研究』(2018年)
    • ALCW2018『Study of HγZ coupling using e+e- -> γ H at the ILC』(2018年)
    • ALCW2018『Performance evaluation of a GEM-based readout module for the ILC TPC with a large aperture GEM-like gating device by a beam test』(2018年)
    • 日本物理学会 2018年秋季大会『ILCにおけるe+e- -> γ Hを使ったHγZ結合の研究』(2018年)
    • LCWS2018『Study of HγZ coupling using e+e- -> γ H at the ILC』(2018年)
    • 日本物理学会 2019年秋季大会『ILCにおけるe+e- -> γ Hを使ったHγZ結合の研究』(2019年)

サイエンスコミュニケーション活動

社会活動

  • 理系女子学生団体リケチェン!(2014年~2015年)
  • つくば院生ネットワーク(2017年~)
  • KEKサイエンスカフェ複数回登壇(2017年~)
  • ILC関連PRイベント計15回(2017年~)(詳細はこちら
  • 一関サイエンスカフェ講師(2017年~)
  • 飯田市市民講座「未来のノーベル賞」講師(2017)
  • サマーキャンプ in 静岡聖光学院中学校・高等学校にて講演「国際リニアコライダーILCの科学面で期待できること」(2018年)
  • KEK春のキャンパス公開 サイエンスカフェの講師(2018)
  • 総研大社会連携事業「若手が語る最新研究」講師(2019
  • KEK春のキャンパス公開 サイエンスカフェの講師(2019)

企画/イベント

ADVENT CALENDAR 2019
テーマ:日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話

勉強であれ、研究であれ、仕事であれ、活動であれ、本気で向き合っていると「あっ、ちょっと周りの人と考えがずれてきたな」と思うことってありませんか?深めれば深めるほど、思わぬ考えに至ったり、それが振る舞いに現れたり…

ADVENT CALENDAR 2019のテーマは「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」です。普段は当たり前のようにこなしている仕事やそれに必要な考えやノウハウも、そのことにとりわけ関わりのない人にとっては「思いもかけない」ことでしょう。今回、一年を振り返る間際の12月、面白い・意義深い考え方や知識、あるいは実際に日常の活動を行う中で見出している応用可能性の高い学びや経験を「ことば」にしてみませんか?

きっと本気で向き合ったときに滲み出てしまう周囲への「違和感」は、誰かにとってはダイヤの原石のような思わぬもので、味わい深いもののはずです。そんな「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」をお待ちしています!

Writer

総合研究大学院大学素粒子物理学専攻。研究学園都市で素粒子の研究をしつつ広報に首を突っ込んでいる大学院生(D1)。難しい素粒子物理を楽しく面白おかしく伝えたい。写真とマラソンが趣味。お酒と猫が好き。