ゆーみるしー:飛跡検出器/ヒッグス物理(素粒子物理学)

  • 所属:総合研究大学院大学
  • 専攻:素粒子物理学(実験)
  • 専門:測定器開発・物理シミュレーション
  • サイト:Yumi Aoki@SOKENDAI

総合研究大学院大学素粒子物理学専攻。研究学園都市で素粒子の研究をしつつ広報に首を突っ込んでいる大学院生(D1)。難しい素粒子物理を楽しく面白おかしく伝えたい。写真とマラソンが趣味。お酒と猫が好き。

※ ご質問等あればTwitterでお声かけください。

問題意識/リサーチクエスチョン

  • この世界の物理法則を表すただ一つの公式は何か?
      そのための最先端の加速器、国際リニアコライダーの研究開発
  • 基礎科学を楽しくわかりやすく伝えるには?
      アウトリーチ活動、サイエンスカフェ
  • 研究の仕組みをもっと良くするには?

研究キーワード

  • 国際リニアコライダー
  • 加速器
  • 素粒子
  • 宇宙
  • サイエンスコミュニケーション

 所属学会

  • 物理学会

学歴/職歴

  • (現)総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科素粒子原子核専攻5年一貫制博士課程
  • 上智大学理工学部物質生命理工学科卒業(理工学士)

業績一覧

 学位論文

  • (卒業論文)アクリジニウムエステル化学発光メカニズム(2016年)
  • (認定研究論文)ILCTPCのための高開口度GEM型ゲート装置のビームテストによる性能評価(2018年)

学会発表

  • ポスター発表
    • KEKステューデントデイ『The spatial resolution of a GEM-based readout module for the ILC-TPC with a gating foil 』(2018年)(最優秀賞)
  • 口頭発表
    • LCWS2016『The First Beam Test of a GEM-readout TPC module with a Large Aperture GEM-like Gate Device for ILC』(2016年)
    • 日本物理学会 第72回年次大会『ILC-TPC用高開口度GEM型ゲート装置を搭載したGEM読み出しTPCモジュールのビーム試験』(2017年)
    • MPGD2017『The first beam test of a GEM-readout TPC module with a large aperture GEM-like gating device』(2017年)
    • AWLC2017『The spatial resolution and electron transmission rate measured in the first beam test of a GEM-based readout module for the ILD-TPC equipped with a large aperture GEM-like gating foil』(2017年)
    • 日本物理学会 2017年秋季大会『ILC-TPC用高開口度GEM型ゲート装置を搭載したTPC読み出しモジュールのビーム試験における位置分解能及び電子透過率 』(2017年)
    • LCWS2017『Study of HγZ coupling using e+e- -> γ H at the ILC』(2017年)
    • 日本物理学会 第73回年次大会『ILCにおけるe+e- -> γ Hを使ったHγZ結合の研究』(2018年)
    • ALCW2018『Study of HγZ coupling using e+e- -> γ H at the ILC』(2018年)
    • ALCW2018『Performance evaluation of a GEM-based readout module for the ILC TPC with a large aperture GEM-like gating device by a beam test』(2018年)
    • 日本物理学会 2018年秋季大会『ILCにおけるe+e- -> γ Hを使ったHγZ結合の研究』(2018年)
    • LCWS2018『Study of HγZ coupling using e+e- -> γ H at the ILC』(2018年)

サイエンスコミュニケーション活動

社会活動

  • 理系女子学生団体リケチェン!(2014年~2015年)
  • つくば院生ネットワーク(2017年~)
  • KEKサイエンスカフェ複数回登壇(2017年~)
  • ILC関連PRイベント計15回(2017年~)(詳細はこちら
  • 一関サイエンスカフェ講師(2017年~)
  • 飯田市市民講座「未来のノーベル賞」講師(2017)
  • サマーキャンプ in 静岡聖光学院中学校・高等学校にて講演「国際リニアコライダーILCの科学面で期待できること」(2018年)
  • KEK春のキャンパス公開 サイエンスカフェの講師(2018)

企画/イベント

  • Coming soon…

    Study Talk LIVE まちづくりのエスノグラフィ出版記念イベント

    早川公(2018)『まちづくりのエスノグラフィ 《つくば》を織り合わせる人類学的実践』の出版記念として実施するトークイベント!

    「まちづくり」をひとつの文化現象として捉え、人々がどのようにまちづくり活動に携わっているかを筑波山麓のフィールドワークから書き記されたのが「まちづくりのエスノグラフィ」。

    著者の研究と実践を引き合いに、《つくば》のこれまでとこれからについて、さらには「人文社会科学」のこれからについて、つくば市長をお招きし、対談を行います。

    ❏ 基本情報
    日時:2019年2月5日
    場所:up Tsukuba(〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1丁目10−1 105;つくば駅から徒歩2分、つくばセンタービルに立地)

    ❏ タイムスケジュール
    18:30 受付開始
    19:00 開会
    19:05 Share StudyとStudy Talkについて
    19:10 アイスブレイク
    19:20 第1部 《つくば》のまちづくりの「これまで」
    19:45 第2部 《つくば》のまちづくりの「これから」
    トーク:五十嵐立青(つくば市長)×早川公(30分)
    フロアトーク(15分)
    20:30 第3部 交流会
    21:30 閉会

    ❏ 参加費
    イベント参加費:1,000円
    ※ 書籍『まちづくりのエスノグラフィ』を購入して持参した方、または当日書籍を購入された方は無料。

    ❐ 関連記事

    1. ぼくとつくば―地域開発(まちづくり)が展開される中での「筑波」と「つくば」
    2. ぼくとつくば②ー地域開発の中で混じり合う《つくば》
    3. ぼくとつくば③―「逆に新しい(=再帰的)」まち・北条
    4. まちづくりと人類学―文化現象・社会的行為としてのまちづくり
    5. 人類学的実践(1月末日:公開予定)

    Writer

    総合研究大学院大学素粒子物理学専攻。研究学園都市で素粒子の研究をしつつ広報に首を突っ込んでいる大学院生(D1)。難しい素粒子物理を楽しく面白おかしく伝えたい。写真とマラソンが趣味。お酒と猫が好き。