としちる:自己責任論/大学改革の言説分析(言語人類学)

  • 所属:筑波大学大学院人文社会科学研究科国際日本研究専攻博士前期1年(休学中)
  • 専攻:社会文化コミュニケーション(言語人類学)
  • 専門:ディスコース研究(言語人類学/批判的談話研究)
  • 研究:自己責任論や大学・教養関連の言説分析
  • ブログ:TIRU LABO
  • 専門紹介・解説サイト:Discourse Guides

「よく生きるってどういうことか?」「判断し選択する理由(の理由の理由の・・・)」「そもそも私とは誰か?」という問いを“問いかけられた”こと、それがサッカー少年だった僕が哲学者となったきっかけでした。答えが「出た」ようで、やっぱり「見つからない」ということをコミュニケーションの中で紡ぎながら、まだ考えをめぐらしています。

※ 「メール」のリンクは個人ブログの「お問い合わせ」ページに飛びます。

つれづれ“ちる”ままに生きるとしちるのプロフィール

2017-08-01

テーマ記事

筑波大学国際総合学類―総合・教育大学と文理融合を掲げる環境で覚えた違和感

としちるの実践と研究―筑波大学とShare Study/社会文化を読み解くディスコース研究

問題意識/リサーチクエスチョン

  • 大学改革/自己責任を中心とした、新自由主義ディスコースに対する批判的分析
    • <自己責任>ディスコースの事例研究と縦断的研究を通した表象の変遷の分析
  • 教養概念の考察とポスト近代社会に向けて実践的応用の試行(例:メディア/イベント運営)
    • コミュニケーション論的観点から視点を養う「視養」概念の提唱

研究キーワード

  • 教養(視養)
  • 知識人
  • 自己責任論
  • 新自由主義
  • 公共圏
  • コミュニケーション(批判/対話)

 所属学会

学歴/職歴

  • (現) 筑波大学人文社会科学研究科国際日本研究専攻博士前期課程(国際日本複合研究学位プログラム)
  • 筑波大学社会・国際学群国際総合学類卒業(国際開発学士)

主な業績一覧

 学位論文

学会発表

サイエンスコミュニケーション活動

社会活動

企画/イベント

ADVENT CALENDAR 2019
テーマ:日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話

勉強であれ、研究であれ、仕事であれ、活動であれ、本気で向き合っていると「あっ、ちょっと周りの人と考えがずれてきたな」と思うことってありませんか?深めれば深めるほど、思わぬ考えに至ったり、それが振る舞いに現れたり…

ADVENT CALENDAR 2019のテーマは「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」です。普段は当たり前のようにこなしている仕事やそれに必要な考えやノウハウも、そのことにとりわけ関わりのない人にとっては「思いもかけない」ことでしょう。今回、一年を振り返る間際の12月、面白い・意義深い考え方や知識、あるいは実際に日常の活動を行う中で見出している応用可能性の高い学びや経験を「ことば」にしてみませんか?

きっと本気で向き合ったときに滲み出てしまう周囲への「違和感」は、誰かにとってはダイヤの原石のような思わぬもので、味わい深いもののはずです。そんな「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」をお待ちしています!

Writer