杉森公一:対話型教育開発のアクションリサーチ(高等教育論)

  • 所属:金沢大学国際基幹教育院
  • 専攻:高等教育論
  • 専門:教育開発
  • 研究:対話型教育開発のアクションリサーチ

元々の専門は計算量子化学、理科教育。大学におけるリメディアル教育や初年次教育に関心を持ってから、大学教員・高校教員向けの教育研修の設計や組織開発を担うようになる。富山県出身。筑波大学第一学群自然学類卒業、教育研究科修了、金沢大学自然科学研究科博士課程修了。修士(教育学)、博士(理学)。

※ ご質問等あればTwitterでお声かけください。

研究キーワード

  • アクティブラーニング
  • 反転授業
  • 高大接続
  • FD(ファカルティ・ディベロップメント)
  • ダイアローグ

 所属学会

  • 日本化学会
  • 分子科学会
  • 電子情報通信学会
  • 大学教育学会
  • 日本高等教育学会
  • 日本リメディアル教育学会
  • Association of American Colleges & Universitie
  • Professional and Organizational Development Network in Higher Education

歴/職歴

  • (現)金沢大学 国際基幹教育院 高等教育開発・支援系 准教授
  • タフツ大学 教育学習改善センター 客員研究員(Visiting Scholar)
  • 金沢大学 大学教育開発・支援センター 准教授
  • 金沢大学 大学教育開発・支援センター 客員研究員(兼)
  • 金城大学 医療健康学部 助教
  • 金城大学 医療健康学部 助手
  • 金城大学 非常勤講師・研究員
  • 金沢大学 自然科学研究科 修了 博士(理学)
  • 筑波大学 修士課程教育研究科 修了 修士(教育学)
  • 筑波大学 第一学群自然学類 卒業

業績一覧

 学位論文

     

  • (博士論文)Theoretical studies of laser-induced multiphoton absorption processes on diatomic molecules(2007年 金沢大学)
  • (修士論文)有限摂動法に基づくg-テンソルの密度汎関数計算(2004年 筑波大学)

主要業績・学会発表

  •  著書
  • 査読論文
  •  解説
    • 杉森公一「展望:特集 研究開発で役立つ高分子のソフトウェアGaussianによる分子モデリングの基礎」高分子 64(2015-3月号), 156-158 (2015).
    • 杉森公一「連載:ルーブリックが結ぶ教育接続13(最終回) ルーブリックが結ぶ大学教育の未来」文部科学教育通信, 350, 18-19 (2014).
    • 杉森公一「連載「大学は今」第9回「私立大学におけるリメディアル教育の実践と課題(下)」週刊教育資料 1221, 28-29 (2012).
    • 杉森公一「連載「大学は今」第8回「私立大学におけるリメディアル教育の実践と課題(上)」週刊教育資料 1219, 28-29 (2012).
  • 口頭発表
    • 杉森公一教育学習センター(CTL)はどのようにして高等教育を活性化させるか」、大学教育学会第41回大会、玉川大学、2019.6.1.
    • 杉森公一、上畠洋佑学修支援・学生支援の方針(バックアップポリシー)の生成過程」、大学教育学会第39回大会、広島大学、2017.6.11.
    • 杉森公一、河内真美、上畠洋佑、西山宣昭アクティブ・ラーニングの深化・充実を支援するFD リーダー制度と研修設計」、大学教育学会第38回大会、立命館大学、2016.6.12.
    • 杉森公一、堀井祐介、古畑徹、中島健二「アクティブ・ラーニング導入によるカリキュラム・教育方法・学修支援環境の統合的な改革」、大学教育学会第37回大会、長崎大学、2015.6.7.
  • ポスター発表
    • 杉森公一、「ファカルティ・ラーニング・コミュニティ(FLC)の形成 対話型教育開発が促す省察的教育実践」、大学教育学会2019年度課題研究集会、エリザベト音楽大学、2019.11.30
    • Kimikazu Sugimori and Mami Kawachi, “Active Learning Advisors as Peer Tutors to Enhance Active Learning Pedagogy at Kanazawa University”, 2018 International Learning Assistant Conference, Research Poster Session #1, University of Colorado Boulder, 2018.11.3.
    • 杉森公一、白嶋章「アクティブラーニング入門における反転授業の実践」、大学教育改革フォーラムin東海2015、名古屋大学、2015.3.7. (優秀ポスター賞)

    サイエンスコミュニケーション活動

    社会活動

    • 大学情報・機関調査研究集会(MJIR)運営幹事(2015-2019年)
    • 石川県教育委員会 県立高等学校 探究アドバイザー(2019)

    企画/イベント

    ADVENT CALENDAR 2019
    テーマ:日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話

    勉強であれ、研究であれ、仕事であれ、活動であれ、本気で向き合っていると「あっ、ちょっと周りの人と考えがずれてきたな」と思うことってありませんか?深めれば深めるほど、思わぬ考えに至ったり、それが振る舞いに現れたり…

    ADVENT CALENDAR 2019のテーマは「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」です。普段は当たり前のようにこなしている仕事やそれに必要な考えやノウハウも、そのことにとりわけ関わりのない人にとっては「思いもかけない」ことでしょう。今回、一年を振り返る間際の12月、面白い・意義深い考え方や知識、あるいは実際に日常の活動を行う中で見出している応用可能性の高い学びや経験を「ことば」にしてみませんか?

    きっと本気で向き合ったときに滲み出てしまう周囲への「違和感」は、誰かにとってはダイヤの原石のような思わぬもので、味わい深いもののはずです。そんな「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」をお待ちしています!

    Writer

    元々の専門は計算量子化学、理科教育。大学におけるリメディアル教育や初年次教育に関心を持ってから、大学教員・高校教員向けの教育研修の設計や組織開発を担うようになる。富山県出身。筑波大学第一学群自然学類卒業、教育研究科修了、金沢大学自然科学研究科博士課程修了。修士(教育学)、博士(理学)。