坂本瑞生(もっちゃん):ことばの構造・意味・機能を分析する(言語理論)

  • 所属:東北大学文学部人文社会学科
  • 専攻:英語学
  • 専門:言語理論(生成文法統語論、インターフェース現象)
  • 研究:有標語順における統語と談話/音韻/意味のインターフェース

「人間を人間たらしめるものは何か」、ほかの生物とは違う「ヒトらしさとは何か」を、言語研究を通して考えています。専門ではインターフェース現象と呼ばれる、2つ以上の要因が影響しあう現象を中心に扱っています。言語以外でも、いろいろなものを「つなぐ」ことを試みる中で、何か新しいものや面白いものを探しています。

※ 連絡はTwitterで受け付けています(reply、DM どちらでも可)

理屈っぽいけど大雑把なもっちゃんのプロフィール

2017-09-12

問題意識/リサーチクエスチョン

  • 英語有標語順におけるインターフェース現象
    • 語順に課せられる統語的制約と情報構造のインターフェース
    • PF、LFによる統語構造と談話情報(Focus、Topic)の解釈メカニズム

研究キーワード

  • インターフェース現象(統語と談話、意味、音韻)
  • 有標語順(倒置、左方移動、右方移動)
  • 移動現象
  • 情報構造
  • 焦点(Focus)
  • 主題(Topic)

学歴/職歴

  • (現)東北大学文学部人文社会学科英語学専修

業績一覧

学会発表

  • ポスター発表
    • 『The Category Independent Reformulation of Phase: The Syntactic Contextual Approach』(Tsukuba Global Science Week 2018, 2018年)

サイエンスコミュニケーション活動

社会活動

  • Share Study スタッフ(2017/09 ~)

ADVENT CALENDAR 2019
テーマ:日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話

勉強であれ、研究であれ、仕事であれ、活動であれ、本気で向き合っていると「あっ、ちょっと周りの人と考えがずれてきたな」と思うことってありませんか?深めれば深めるほど、思わぬ考えに至ったり、それが振る舞いに現れたり…

ADVENT CALENDAR 2019のテーマは「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」です。普段は当たり前のようにこなしている仕事やそれに必要な考えやノウハウも、そのことにとりわけ関わりのない人にとっては「思いもかけない」ことでしょう。今回、一年を振り返る間際の12月、面白い・意義深い考え方や知識、あるいは実際に日常の活動を行う中で見出している応用可能性の高い学びや経験を「ことば」にしてみませんか?

きっと本気で向き合ったときに滲み出てしまう周囲への「違和感」は、誰かにとってはダイヤの原石のような思わぬもので、味わい深いもののはずです。そんな「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」をお待ちしています!

Writer