くろ:システム生物学(生命科学・ちょっと情報科学)

  • 所属:筑波大学大学院生命環境科学研究科博士課程
  • 専攻:システム生物学
  • 研究:大腸菌の遺伝子発現調整

こんにちは、黒川です! 筑波大学で生物の研究をしています。大発見をしようというような野望はないですが、興味深い現象について考えたり、ディスカッションしたりするのが好きで、将来も研究を続けていこうと思っています。 実は、僕が筑波大学に入る時は「食べ物の流通を勉強して貧困を解消したい!」とか考えていました。でもだんだんと自分の面白いと思うことを仕事にしたいと思うようになり、また社会貢献って意外と自分達の消費者としての活動が一番大事なんじゃないかと考えたりしています。将来は、街づくりの一員として貢献したり、いい!と思うものを選んで買ったりするくらいの余裕を持ちつつ、面白いと思うものを研究できればいいな、とぼんやり考えています!

研究キーワード

  • ホメオスタシス
  • 適応
  • ゲノム
  • 増殖

 所属学会

  • 日本ゲノム微生物学会

学歴/職歴

  • (現)筑波大学生命環境科学研究科 一貫制博士課程在学
  • 2016年 筑波大学生命環境学群 卒業

業績一覧

 学位論文

  • 『大腸菌広域欠失株の増殖に対する数理的評価』(2016年)
  • 『ゲノム縮小と大腸菌増殖の相関』(2018年)

学会発表

  • ポスター発表
    • 『大腸菌広域欠失株の増殖に対する数理的評価』(2016年)
    • 『大腸菌ゲノム縮小株の増殖に対する研究』(2017年)
    • 『ゲノム縮小と大腸菌増殖の相関』(2018年)
  • 口頭発表
    • 『大腸菌ゲノム縮小株の増殖に対する研究』(2017年)
    • 『ゲノム縮小と大腸菌増殖の相関』(2018年)
  • 査読論文
    • 『Correlation between genome reduction and bacterial growth』M Kurokawa, S Seno, H Matsuda & BW Ying, DNA Research(2016年)
    • 『Coordinated changes in mutation and growth rates induced by genome reduction』I Nishimura*, M Kurokawa*, L Liu & BW Ying,* equal contribution, mBio(2017年)
    • 『Precise, high-throughput analysis of bacterial growth』M Kurokawa & BW Ying, J Vis Exp(2017年)
    • 『A decay effect of the growth rate associated with genome reduction in Escherichia coli』K Tsuchiya, YY CAO, M Kurokawa, K Ashino, T Yomo & BW Ying, BMC Microbiology(2018年)

Study Talk LIVE まちづくりのエスノグラフィ出版記念イベント

早川公(2018)『まちづくりのエスノグラフィ 《つくば》を織り合わせる人類学的実践』の出版記念として実施するトークイベント!

「まちづくり」をひとつの文化現象として捉え、人々がどのようにまちづくり活動に携わっているかを筑波山麓のフィールドワークから書き記されたのが「まちづくりのエスノグラフィ」。

著者の研究と実践を引き合いに、《つくば》のこれまでとこれからについて、さらには「人文社会科学」のこれからについて、つくば市長をお招きし、対談を行います。

❏ 基本情報
日時:2019年2月5日
場所:up Tsukuba(〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1丁目10−1 105;つくば駅から徒歩2分、つくばセンタービルに立地)

❏ タイムスケジュール
18:30 受付開始
19:00 開会
19:05 Share StudyとStudy Talkについて
19:10 アイスブレイク
19:20 第1部 《つくば》のまちづくりの「これまで」
19:45 第2部 《つくば》のまちづくりの「これから」
トーク:五十嵐立青(つくば市長)×早川公(30分)
フロアトーク(15分)
20:30 第3部 交流会
21:30 閉会

❏ 参加費
イベント参加費:1,000円
※ 書籍『まちづくりのエスノグラフィ』を購入して持参した方、または当日書籍を購入された方は無料。

❐ 関連記事

  1. ぼくとつくば―地域開発(まちづくり)が展開される中での「筑波」と「つくば」
  2. ぼくとつくば②ー地域開発の中で混じり合う《つくば》
  3. ぼくとつくば③―「逆に新しい(=再帰的)」まち・北条
  4. まちづくりと人類学―文化現象・社会的行為としてのまちづくり
  5. 人類学的実践(1月末日:公開予定)

Writer

筑波大学で生物の研究をしています。大発見をしようというような野望はないですが、興味深い現象について考えたり、ディスカッションしたりするのが好きで、将来も研究を続けていこうと思っています。実は、僕が筑波大学に入る時は「食べ物の流通を勉強して貧困を解消したい!」とか考えていました。でもだんだんと自分の面白いと思うことを仕事にしたいと思うようになり、また社会貢献って意外と自分達の消費者としての活動が一番大事なんじゃないかと考えたりしています。将来は、街づくりの一員として貢献したり、いい!と思うものを選んで買ったりするくらいの余裕を持ちつつ、面白いと思うものを研究できればいいな、とぼんやり考えています!