神長広樹:e-Government/電子政府(AI and Government)

  • 所属:タリン工科大学電子政府学科(修士)
  • 専攻:e-Government
  • 専門:AI and Government

電子政府というのは、電子上で公共サービスを運営していこうとする“動き”です。民間では当たり前に行われていることを政府も行い、より便利に、より安全に、より正確に、より信頼のおける機構に、また、積極的にそうして得られたデータを安全な範囲で公開し、政府の透明度の向上、データの利活用の促進を謳っています。ただし、僕の研究では、“より”ではなく、新しいサービスの提案を目指しています。

問題意識/リサーチクエスチョン

  • 民間ではAIの研究、運用が進んでいるが、国家規模、政府単位ではAIをどう利用できるか。

研究キーワード

  • GAN
  • Open Data
  • e-Domecracy

学歴/職歴

  • タリン工科大学電子政府学科所属(修士)
  • 筑波大学社会国際学群国際総合学類卒業
  • 茨城県立土浦第一高校卒業

Share Culture

研究者向けにWebサイトの制作や学術メディア『Share Study』を運営。シンプルかつスタイリッシュなデザイン制作を得意とし、学び合いの文化を耕すことを掲げています。最安5万円からサイトを制作!学生向けに情報を整理し、研究内容をわかりやすく外部へ発信するサポートをいたします。

Writer

“文理融合”を謳う筑波大学国際総合学類のモットーを律義に守った結果、興味の幅が広がりすぎて専攻選択時に苦労することに。あーでもない、こーでもないの果てに、電子政府国家エストニアに出会う。電子(理系)、政府(文系)の分野を発見にEureka!と大げさに叫び、学類卒業後そのままエストニアの大学院へ。最近は、もっと数学を勉強しておけばよかったと独学中。フィナンシェを口に含みながら啜るコーヒーは神。