運営方針

「Share Study」の運営方針

ここでは記事の方針と広告等の運営方針や個人情報の取り扱いについて二つの方針について書いています。

「Share Study」の記事方針

「Share Study」ではただ専門的な知識等を羅列するのではなく、

「なぜその学びが必要なのか?」

「どのように研究されたのか?」

といったことを「人」にフォーカスを当て記事を作成しています。

また、学ぶ上で役立つメディアを取り上げながら学術情報発信にも貢献するようなポータルサイトを目指しています。

運営方針

『入門学術メディアShare Study』(以下、「当サイト」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

1.プライバシー情報

「個人情報」とは、氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。 「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご覧になったページや広告の履歴、検索キーワード、ご利用日時、ご利用環境、IPアドレス、クッキー情報、端末の個体識別情報などを指します。

2.プライバシー情報の収集方法と収集・利用の目的

当サイトでは、次の2つの方法によってプライバシー情報を取得することがあります。

クッキー(Cookies)

当サイトはコンテンツの充実や安定的なサイト運営を目的とし、クッキーを通じて情報を収集することがあります。クッキーはユーザーがサイトを訪れた際に、ユーザのコンピュータ内に記録されます。記録される情報には、ユーザ名やメールアドレスなどは一切含まれません。 こうしたクッキーによる情報収集を好まない場合、ユーザご自身でクッキーの受け入れを拒否するように設定することも可能です。その際は当サイトのサービスが正しく機能しない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

3.個人情報の第三者提供

当サイトはプライバシー情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、そのプライバシー情報を第三者に開示いたしません。

  • 法令に基づき開示することが必要である場合
  • ユーザーの同意がある場合
  • 他のユーザーが閲覧できるスペースにユーザー自ら個人情報を入力した場合
  • あらかじめ第三者への提供を公表している場合

なお、当サイトの利用目的の達成に必要な範囲内においてプライバシー情報の取扱いの全部または一部を委託する場合、第三者には該当しないものとします。

4.情報の共有

当サイト以外のwebサービスをユーザーご自身が同一の情報で利用されている場合に、当サイトとそのネットワークの中で情報が共有されることがあります。これらの情報がネットワーク外に開示されることはありません。

5.当サイトが利用・提携しているサービス

アクセス解析ツール

当サイトはGoogle Analyticsを利用しています。トラフィックデータの収集のためにクッキーが使用されていますが、データは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。なお、ユーザーはクッキーの受け入れを拒否するように設定することが可能です。 取得・収集される具体的な情報については、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」をご確認ください。

Amazon アソシエイト・プログラム

当サイトは、amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって紹介料を獲得できるアフィリエイト宣伝プログラム Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。このプログラムにより、第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

Google AdSense

Google AdSenseはGoogleの広告配信サービスです。 当サイトにおいて広告が配信される過程で、クッキーやデバイス特有の情報、ロケーション情報、および当該デバイスから収集されるその他の情報が利用されることがあります。その過程で個人を特定できる情報は収集されません。 Googleによる広告でのCookieの利用方法ならびに広告で使用されているその他の技術はこちら をご覧ください。

その他アフィリエイトプログラム

上記プログラムと同様、広告主のマーケティング活動の効果を追跡するために、サイト上でコードまたはクッキーが使用されることがあります。その過程で個人を特定できる情報は収集されません。これらのプログラムにおいて取得・収集される情報については、各プログラムのプライバシーポリシーをご確認ください。

6.プライバシーポリシーの変更

本ポリシーの内容は、ユーザーに通知することなく変更することができるものとします。 当サイトが別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは当サイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

7.お問い合わせ窓口

本ポリシーに関するお問い合わせは、所定のフォームよりお願いいたします。

制定日:2016年12月1日

最終改訂日:2016年12月1日

管理人:としちる

Study Talk LIVE まちづくりのエスノグラフィ出版記念イベント

早川公(2018)『まちづくりのエスノグラフィ 《つくば》を織り合わせる人類学的実践』の出版記念として実施するトークイベント!

「まちづくり」をひとつの文化現象として捉え、人々がどのようにまちづくり活動に携わっているかを筑波山麓のフィールドワークから書き記されたのが「まちづくりのエスノグラフィ」。

著者の研究と実践を引き合いに、《つくば》のこれまでとこれからについて、さらには「人文社会科学」のこれからについて、つくば市長をお招きし、対談を行います。

❏ 基本情報
日時:2019年2月5日
場所:up Tsukuba(〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1丁目10−1 105;つくば駅から徒歩2分、つくばセンタービルに立地)

❏ タイムスケジュール
18:30 受付開始
19:00 開会
19:05 Share StudyとStudy Talkについて
19:10 アイスブレイク
19:20 第1部 《つくば》のまちづくりの「これまで」
19:45 第2部 《つくば》のまちづくりの「これから」
トーク:五十嵐立青(つくば市長)×早川公(30分)
フロアトーク(15分)
20:30 第3部 交流会
21:30 閉会

❏ 参加費
イベント参加費:1,000円
※ 書籍『まちづくりのエスノグラフィ』を購入して持参した方、または当日書籍を購入された方は無料。

❐ 関連記事

  1. ぼくとつくば―地域開発(まちづくり)が展開される中での「筑波」と「つくば」
  2. ぼくとつくば②ー地域開発の中で混じり合う《つくば》
  3. ぼくとつくば③―「逆に新しい(=再帰的)」まち・北条
  4. まちづくりと人類学―文化現象・社会的行為としてのまちづくり
  5. 人類学的実践(1月末日:公開予定)