猪突猛進なよしののプロフィール

Profile

よしの(近畿エリア/京都府京都市)

所属:京都大学 総合人間学部 国際文明学系
専攻:現代社会論
キーワード:コミュニティ/オルタナティブ/子ども
趣味:早寝早起き(5時起床&21時就寝がいちばん好き)/ジャニーズ鑑賞/twitter

専攻・専門

専攻:現代社会論

みなさんは「上手くできないことがあっても、認めてくれる誰かがいること」で、前を向くことができた経験はありませんか。

わたしは、失敗するとすぐ諦める「へなちょこメンタル」の人間ですが(汗)、それでも、失敗だらけのこの22年間、進行方向を完全に後ろにした経験はほとんどありません。

それは、「どれほどめちゃくちゃな失敗をしても、自信がなくなり心が折れたとしても、わたし以上にいつもわたしを信じたり、認めてくれたりする人たちがいてくださるお蔭」だと思っています。

 

このように、誰かが認めてくれる・誰かを認めるような相互作用が行われる場、ざっくり一般化すると、「コミュニティ」に帰着すると言えるのではないでしょうか。

もちろん、コミュニティと言っても、色々ありますよね。

家族や親戚、サークル、バイト仲間、FacebookやtwitterなどのSNS、お住いの○○市町村etc…

しかし、承認や受容の相互作用自体は、どのコミュニティにおいても、程度は違えど、何らかの形で行われているのではないでしょうか。

 

このようなコミュニティの機能、言い換えると、不完全なもの・ことに対する受容の相互作用が最大の関心事です。

現在は、このテーマをより深く掘り下げるため、現代社会の諸問題を分析する「現代社会論」をベースに、様々な角度から学びを進めています。

問題意識

現在は「コミュニティ」や「受容」に関心を抱くわたしですが、実は、このフェーズに辿り着いたのは、つい数週間前のこと(2017年10月現在)。

さらに関心の向く学問領域・分野は、2ヵ月~半年単位でコロコロ変わります。

半年先、いや明日でさえ、同テーマを学び続けているかは、当人にもわかりません!!!(爆笑)

 

このように、学問的アプローチを変え続けていることには、ちょっとした訳があります。

実は、わたしは10年以上ずっと、中学時代のある原体験に対する答えを探してきました。

その原体験とは「親友が道を踏み外したことに対して、何もできなかった」こと。

* * *

やさしくて大好きで憧れだった親友が「ヤンキーだから」という理由だけで、いつの間にか、先生や同級生たちから目の敵にされていく様子が、わたしはずっと腑に落ちませんでした。

しかし、わたしは、そんな自分の思いを一度も言葉にさえしないまま、見て見ぬ振りをしながら、何の変哲もない3年間を平穏に過ごしました。

そして、卒業の日が来たわたしたちは、別々の道を歩むようになったのです。

* * *

受験勉強から解放された大学入学以降は、当時の「もやもや」を解き明かすため、わたしは、あらゆる角度からその問題について考え始めました。

彼女を「矯正」するためには、どうしたらよかったのか?

彼女の親を「矯正」するためには、どうしたらよかったのか?

いや、そもそも「道を踏み外す」のは、悪いことなのか?

何が問題で、何が理想なのかもわからないまま、4年間走り続けました。

思想哲学から実学まで無数の学問に接し、国内外含め、数多くの地域を訪ね、大学内外の様々な人と議論する中で、問いを深めていきました。

 

そして、たどり着いた今、わたしの答えは、「道を踏み外したとしても、道に迷ったとしても、その子を抱きしめるコミュニティがあること」です。

そのようなコミュニティがたくさん溢れるとしたら、それは今よりずっとやさしく、もっと豊かな世界だと、わたしは考えています。

性格:イノシシ(!)

そんなわたしの性格を一言で表すと、イノシシ。

自他ともに認める、(生まれ年の干支を体現した)、まさに「猪突猛進型人間」です。

一度決めたら、後先を考えずに全力疾走しちゃうタイプなので、色々と要注意人物だなと、我ながら警戒しています(以後気を付けます)。。。

終わりに

わたしの高校時代は、たくさんの出会いと想い出に満ちたかけがえのない時間でしたが、同時に、親友問題のもやもやと将来の不安を抱えた、苦しい時間にもなりました。

Share Studyでは、高校時代のわたしと同様に「進路や将来に迷う高校生たち」の道しるべとなるべく、「高大接続部」に所属し、高校と大学の橋渡しをしていきます。

本格的にメディアの運営に携わるのは今回が初めてなので、みなさんお手柔らかにお願いします。笑

これからなにとぞよろしくお願いします~!


スポンサードリンク


Study Talk LIVE まちづくりのエスノグラフィ出版記念イベント

早川公(2018)『まちづくりのエスノグラフィ 《つくば》を織り合わせる人類学的実践』の出版記念として実施するトークイベント!

「まちづくり」をひとつの文化現象として捉え、人々がどのようにまちづくり活動に携わっているかを筑波山麓のフィールドワークから書き記されたのが「まちづくりのエスノグラフィ」。

著者の研究と実践を引き合いに、《つくば》のこれまでとこれからについて、さらには「人文社会科学」のこれからについて、つくば市長をお招きし、対談を行います。

❏ 基本情報
日時:2019年2月5日
場所:up Tsukuba(〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1丁目10−1 105;つくば駅から徒歩2分、つくばセンタービルに立地)

❏ タイムスケジュール
18:30 受付開始
19:00 開会
19:05 Share StudyとStudy Talkについて
19:10 アイスブレイク
19:20 第1部 《つくば》のまちづくりの「これまで」
19:45 第2部 《つくば》のまちづくりの「これから」
トーク:五十嵐立青(つくば市長)×早川公(30分)
フロアトーク(15分)
20:30 第3部 交流会
21:30 閉会

❏ 参加費
イベント参加費:1,000円
※ 書籍『まちづくりのエスノグラフィ』を購入して持参した方、または当日書籍を購入された方は無料。

❐ 関連記事

  1. ぼくとつくば―地域開発(まちづくり)が展開される中での「筑波」と「つくば」
  2. ぼくとつくば②ー地域開発の中で混じり合う《つくば》
  3. ぼくとつくば③―「逆に新しい(=再帰的)」まち・北条
  4. まちづくりと人類学―文化現象・社会的行為としてのまちづくり
  5. 人類学的実践(1月末日:公開予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer

高大接続部。変人と鴨川とジャニーズが好きな京大生。専攻は現代社会論。コミュニティの可能性を広げるための活動に関心がある。現代の寺子屋Tera schoolを舞台に、3年間場づくり活動に従事。趣味は早寝早起きとtwitter。