【2018年2月】今月のシェアスタッ!

3月です。シェアスタディが主催する『これからの大学(学問×地域×教育)を考えるためのACADEMIC CAMP』が間近に迫ってきましたね。

みなさんと交流できることを楽しみにしております!

さて、『今月のシェアスタッ!』の第二弾です。

『今月のシェアスタッ!』とは、各々のメンバーが日々の学びを紹介する『本日のシェアスタッ!』の中からお気に入りの投稿をピックアップする企画。

Facebookにおける「本日のシェアスタッ!」の投稿で学びの共有

2018-01-28

では、メンバーが選んだ投稿を見ていきましょう。

レッツ・シェアスタ!

シェアスタッフが選んだ今月のシェアスタッ!

平岡のピックアップ!

僕が選んだのは、きむのシェアスタッ!

外国語を学ぶ意義についての投稿です。

こういった差を知り、視野を広げることに学ぶ楽しさがあるのだと思います。(中略)学びを通して世界の見方が変わることが学問の醍醐味だと思います。

僕自身も翻訳を学ぶことで外国語学習や言語そのものに注意深く目を向けるようになりました。そこから派生して、どうして英語を学ぶ必要があるのか、なぜ言語は存在しているのか、などたくさんの問題が提起されます。学びにおいて「問題意識」って本当に大切だと思うんですよね。

平岡
テストに関しては、どうしたってポジティブになれない時もありますが(笑)

としちるのピックアップ!

ピックアップしたのはもっちゃんのシェアスタッ!

この本を読んでいて思ったのは「こうやって、明確に本の読み方・学び方を教わったことって無いなあ」ということです。

ともっちゃんが言及してくれているように、勉強の仕方というのは暗黙知や秘伝的なものでなかなか「教えてもらう」という機会はないですよね…

自分で調べたり聞いたりすれば、そうした学び方のコツは得られますが…好奇心と思い切りの差が、学びの差のにもつながっているのでしょう。

としちる
「勉強に王道はない」ないけど、自分にとっての王道はある!はず。そのためにも、試行錯誤してみることが大切です!早いうちにチャレンジできる環境があるといいですよね~。

あっきーなのピックアップ!

私が選んだのは、きむさんの投稿です!

最近、「学び」って何だろう?どうやったら高校生に学びって面白いよ!と伝えられるのだろうか、と考えていました。

「学び」という言葉の範囲を広くとる必要はありますが、学問に限らず自己の能力を高めることに繋がるものは「学び」であり、尊重されるべきだと考えます。

きむさんのこの言葉から、「学び」を広くとらえ、日常を通して得る「気づき」も学びの一つと考えるのはどうだろうかと考えました。

日常の些細なところから、例えば今年はいつもより早く桜が咲いたなあ、からでもいろんな学びが発見できるのかなと思ったり…

あっきーな
今思えば、科学館とかはそういった興味を一番に考えてくれるところですね…!

おわりに

『今月のシェアスタッ!』の第二弾はいかがだったでしょうか?

これら以外にも面白い投稿がShare StudyのFacebookページに並んでいます。毎日投稿の『本日のシェアスタッ!』もぜひチェックして見てください。

それぞれが問題提起を呼びかけ合う、そんな「学びの場」をこれからも目指していきます!

それでは!


スポンサードリンク


ADVENT CALENDAR 2019
テーマ:日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話

勉強であれ、研究であれ、仕事であれ、活動であれ、本気で向き合っていると「あっ、ちょっと周りの人と考えがずれてきたな」と思うことってありませんか?深めれば深めるほど、思わぬ考えに至ったり、それが振る舞いに現れたり…

ADVENT CALENDAR 2019のテーマは「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」です。普段は当たり前のようにこなしている仕事やそれに必要な考えやノウハウも、そのことにとりわけ関わりのない人にとっては「思いもかけない」ことでしょう。今回、一年を振り返る間際の12月、面白い・意義深い考え方や知識、あるいは実際に日常の活動を行う中で見出している応用可能性の高い学びや経験を「ことば」にしてみませんか?

きっと本気で向き合ったときに滲み出てしまう周囲への「違和感」は、誰かにとってはダイヤの原石のような思わぬもので、味わい深いもののはずです。そんな「日常の視点が思わずゆらぐ学習・活動秘話」をお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Writer